中学受験に対する考え

中学受験について世間では難しいものと言われていますが、実際には塾や家庭教師から要領を学び時間を有効活用することで、乗り越えることも可能です。

受験内容は基本的に小学校で学習するものであったり、その応用であったりしますが、そうした問題は解法を一つずつ覚えることでクリアできるでしょう。
塾の講師は長年に渡り中学受験に関わってきたという方がほとんどですので、問題の傾向などは優に理解しています。そうした講師から学ぶことができれば合格は、ほぼ手中に納めたようなものです。

ただし、合格を左右する重要な要素として、受験する本人のやる気次第という点が挙げられます。確固とした目標がある子どもでない限り、中学受験は親のエゴになってしまうこともあります。
そのため子どもは親に言われるがままに勉強をしている場合もあるでしょう。それではいつか壁にぶつかってしまいます。

「あなたに必要なの」「あなたのためなの」等の言葉で納得する子どもであれば良いですが、それでは納得できない子どもも少なからずいるでしょう。如何に納得させるかが親、講師の腕の見せ所です。

中学受験を成功させる肝は重圧をかけないことにあります。合格することに越したことはありませんが、合否はどちらでもよい、まずは挑戦してほしい、と軽い気持ちで背中を押すことが大切です。学生時代全体を通して中学受験を貴重な経験にしてもらうためにも、親は一歩引いて、あまり高すぎる理想を押し付けないことが重要です。そうすれば生徒も楽な気持ちで受験ができるはずです。