観光タクシーで愛知県の美術館を巡ろう

愛知県にはさまざまな美術館があります。愛知県で美術館巡りをする際は一気に全てを回りたい所ですが、一か所にまとまって存在しているわけではなく、複数の市に点在しているため、各地へ行こうと思うとどうしても多くの時間を移動に取られてしまいます。更に、美術館の閉館時間は17時頃と決まっているため、限られた時間を有効に使う必要があります。移動時間の短縮を図る方法として、観光タクシーの利用がおすすめです。観光タクシーであれば、公共交通機関のように乗り継ぎをする必要もなく、落ち着いた車内で心身共にリラックスをしたまま目的地へと移動できるでしょう。

愛知県で有名な美術館として徳川美術館があります。こちらの美術館周辺には、名古屋城や徳川園、蓬左文庫といった観光スポットが多数あります。美術館を観覧した後にそのまま観光するのが、効率的であり理想です。観光タクシーであればツアーなどとは違い、自分の好きなように移動をして、好きな所に寄ることができるため、自由に旅を楽しむことができるでしょう。また、観光タクシーのドライバーは現地に詳しいため、自分が知らなかった穴場なども教えてくれたり、希望すれば連れて行ってくれるためおすすめです。

七宝焼きをテーマにした総合施設もあります。こちらの施設では、七宝焼きを自分で作れる体験教室があり、自分で作った七宝焼きを思い出として持ち帰ることができるなどとても魅力的です。ただ、七宝焼きはとても繊細で、持ち運びに注意をしないと折角作った作品を台無しにしてしまう可能性があります。そのため、公共交通機関を利用している場合は、体験を諦めざるを得なかったり、移動の際に気を使いすぎて疲れてしまう可能性があるでしょう。観光タクシーの場合は、持ち歩くことなく車内で保管が可能なため、体験後の観光も身軽な状態で満喫できます。

他には三河工芸ガラス美術館も有名です。公共交通機関を利用するとなると、電車で移動した後に、更にバスへ乗り継ぐ必要があります。様々な美術館を巡るとなると、立っている時間や歩く時間が多く、どうしても足や腰が疲れてきてしまいます。そのため、乗り継ぎが多いと疲弊してしまいますが、観光タクシーを利用すれば、東名高速道路の岡崎ICから約50分の乗車で三河工芸ガラス美術館へ到着します。車内ではもちろん寝ても構いませんし、ゆったりとくつろぎながらドライバーに愛知県の歴史などを語ってもらうのも良いでしょう。もし移動途中に気になるスポットがあれば、立ち寄ることも可能です。公共交通機関に比べて、完全にプライベートな空間で自由に動けるため、観光タクシーを利用することで、より満足度の高い観光が可能になるでしょう。